頚椎椎間板ヘルニアの症状で治療をチェンジ~段階で異なる治療法~

先生

母親のがん治療

先生

内視鏡切除手術

私の母親は今から約5年前に肺がんになりましたが、内視鏡切除手術にて肺がんを取り除き今では再発もなく元気でいます。この時のことについてお話します。母親は5年前の健康診断で肺がんが見つかり、幸い早期発見であったためにがんの細胞は小さく、内視鏡切除手術で肺がんを取る手術が行われることになりました。手術当日は私は会社を休んで姉と共に母親の手術に立ち会いました。手術は午前中に行われ約2時間程度で肺がん手術は無事に終わりました。手術後担当医の先生から摘出しました肺がんを見せられ、無事に手術が成功したことを告げられました。私たちは担当医の先生にお礼を言い、麻酔が切れる午後に母親に面会出来ることになりました。

術後

母親は無事に手術が終わったことを知り安堵の表情を見せました。その後病院に約一週間ほど入院して無事に退院することが出来ました。退院後は傷口の消毒を行うため定期的に通院して、その後は約一ヶ月に一回の頻度で病院に通院して肺がんの再発がないかの検査通院することになりました。お陰様でそれからは肺がんの再発や転移はなく今では普通に生活するまでに回復することが出来ました。これも健康診断で肺がんを早期に発見出来たからであり、そしてがんの腫瘍が小さかったことで身体の負担が少ない内視鏡切除手術で行うことが出来て本当に良かったと思います。私もこの母のことを見てそれからは必ず一年に一回は会社の健康診断を行うことにしています。