頚椎椎間板ヘルニアの症状で治療をチェンジ~段階で異なる治療法~

先生

健診やワクチン接種で安心

病棟

特定健診で生活習慣病予防

伊丹の内科では、もちろん風邪や胃腸の不具合などの症状を治療してもらうことができますが、内科の重要な役割として特定健康診査の実施やインフルエンザ・肺炎球菌のワクチン接種なども行っています。伊丹の地域住民がより健康に毎日を過ごせるよう、病気の診療はもとより予防にも力を入れているのです。特定健康診査はいわゆるメタボ対策として導入されている検査で、血糖値や肝機能などを調べることができます。必要な場合は心電図や眼底検査も行われます。人間ドックは簡単には受けられないという人でも、特定健康診査であれば伊丹の内科で気軽に受けることができます。伊丹の内科で特定健康診査を受けてもし問題が見つかった場合は、将来の生活習慣病の発症を防ぐために、生活習慣を改善するためのサポートを受けられるというシステムもあります。

高齢者は肺炎にも注意

伊丹の内科では肺炎球菌のワクチン接種も行っています。肺炎球菌は乳幼児が感染すると命に関わる病原菌ですが、65歳以上の人でも免疫力の低下が原因で感染者が増えています。肺炎球菌による肺炎は高齢者にとって非常に危険なものなので、伊丹の内科で5年ごとのワクチン接種を受けることが大切です。このワクチンは約5年間は効果が持続するとされているからです。肺炎の初期症状は咳・痰・発熱など風邪とまぎらわしいものです。風邪のひどくなったものが肺炎だと思っている人もいますが、肺炎は風邪とは別の病気であり、特に高齢者では重症化しやすいため注意が必要です。風邪のような症状が出たときも、伊丹の内科ですぐ診断を受ければ風邪か肺炎か判明し、いずれの場合でも早めの治療により症状の軽いうちに治すことができます。